こどもの診療(虫歯・健診)

  • こどもの診療(虫歯・健診)

治療方針

歯医者に来院したお子様は「次に何をするかわからない」ために怖がります。
じっとしていられない、痛いところがはっきりしない、言葉の表現が少ないため、しみることもただの違和感も「痛い」と表現します。
このため、大人と同じ様な虫歯でも治療方法や来院回数が変わってしまいます。

とし歯科クリニックでは、お子様の治療を成功させる為に私とお子様との信頼関係をつくることが治療の一環となっております。
大人にとってはたいしたことのない治療でも、この信頼関係がないと子供は来院を大変苦痛に感じ、嫌がります。
信頼関係をつくるにはとても時間がかかりますが、お子様を子ども扱いせず、ひとりの人間として接すること、嘘をつかず次に何をするかをきちんと教えてあげることで信頼関係を築きます。

虫歯の予防

シーラント

奥歯には複雑なみぞがあり、口の小さいお子様はどうしても磨き残しがおこりやすく、虫歯になってしまいます。
シーラントは、虫歯になりやすい奥歯のみぞに歯科用プラスチック(レジン)を埋め込んで、食べカスがたまらないようにする処置です。ブラッシングもしやすくなるため、効果的に虫歯を予防することができます。

フッ素塗布添付

食べ物の中に含まれている糖分がお口の中で分解されて酸になります。その酸によって歯の表面が溶かされ、虫歯が作られるのです。
フッ素塗布添付は、歯の表面にフッ素を塗布する事で歯の質を強くし、虫歯になりにくくします。
シーラントは奥歯や前歯の一部の予防処置ですが、フッ素塗布は、歯全体の予防処置になります。
この2つの処置を行うことにより、虫歯の予防効果が高まります。

ブラッシング指導

歯磨きは予防法の基本中の基本です。
虫歯は、歯についたプラーク中の菌と食べ物の糖分から作られます。
つまり、歯にプラークが付いていなければ虫歯にはならないのです。したがって、プラークを落とす磨き方を治療の一環としてお子様にも保護者の方にも楽しく指導します。
お子様の歯の健康には仕上げ磨きが必要になります。
シーラントやフッ素をおこなっても磨き方が悪ければ虫歯は防げません。保護者のみなさんでいい口内環境を維持していきましょう。

虫歯の治療

初診時4歳1か月のお子様の治療例


治療中

実際の症例を見ながら、虫歯の原因と治療計画をご紹介します。
初診時で上顎の前歯4本と右下奥歯に前歯があるお子様です。他院では、治療を嫌ったためサホライド(むし歯の進行止め)を塗布され黒くなっていました。当院での初診では、だいぶ警戒していましたが、なぜか歯ブラシはさせてくれました。3回目の来院時に、お子様本人が前歯の黒いのが気になると教えてくれたので、治療を始めました。上記写真は前歯のまん中にあったむし歯の治療後です。

前歯がきれいになり、前から二番目(写真向かって左側)のむし歯もお子様が頑張ってみる気になったので治療をしました。写真は治療後です。あとは反対側にむし歯(写真右側一番前と2番目の間の黒い部分)がありますが、まだ小さく、お母様の仕上げ磨きが良くなったので、プラークコントロールで様子を見ています。

よくある質問

  • なぜ虫歯ができてしまったのか?

    お口の清掃をお子様任せにしてませんか?
    ひとりでやらせてみることはもちろん大事ですが、正しい歯磨きを覚えられるまでは保護者の方による仕上げ磨きと管理が必要です。

  • 乳幼児の歯科治療で大切なことは

    保護者の皆様の虫歯に対する意識の改善と治療へのご協力が大切です。
    むし歯を治療しても、お口の衛生環境が変わらなければまたすぐにむし歯になります。日々のプラークコントロール、仕上げ磨きが大切です。

不正咬合の予防

口周囲の悪い癖(飲み込み方、口呼吸、舌癖など)⇐あるいは悪い姿勢などの悪習癖(悪い機能)は、不正咬合を悪化させるため、適切な機能になるように指導し、悪化を予防します。