クリニックに電話する
Tel: 03-5707-7377

とし歯科クリニック

世田谷区の矯正歯科は、とし歯科クリニックまで。

03-5707-7377

無料カウンセリング予約

メール相談

無料矯正カウンセリングとは?

一般歯科

治療の流れ

当院の虫歯治療は

  1. 感染した歯質(虫歯の部分だけ)を取り除き、できるだけ健康な歯を残します。
  2. 無痛治療(痛みを伴う処置には局所麻酔を行います)
  3. 歯科専用の接着技術で取り除いた部分だけを、歯と同色の白い詰め物(コンポジットレジン)にて修復します。(保険適用)

※ ただし、部位や虫歯の大きさによって金属による修復を行う場合もあります。

虫歯治療

image

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌によって引き起こされる歯の病気です。
虫歯は、進行度合いによってC0~C4に分類されます。

image

C0

初期虫歯で、穴が開いていない状態で、歯磨きで予防可能なものは経過観察、予防できないものは虫歯治療です。
当院は、シーラントをすることが多いです。

image

C1

歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。
(痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になる。)

image

C2

虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。
(冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。
茶褐色や黒っぽくなっています。)

image

C3

歯髄まで侵され、大きな穴があいた状態。
(冷たいもの、熱いものがしみたり、ズキズキと刺すような、特有の痛みがある。)

image

C4

歯肉から上の部分(歯冠 )はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態。
(普通は抜歯になる。痛みはなくなり、神経は完全に死んでいる。)

C3・C4の段階になると、歯根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。
ときには、この膿の中の細菌や毒素が、血液などに感染し、血管をとおって全身に運ばれ、
関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こすことがあります。

たかが虫歯1本と侮ってはいけません。
虫歯になっても早めに適切な治療を受け、早期発見、早期治療を心がけてください。

虫歯を薬で治す方法

従来の歯科治療において、神経にまで虫歯が及んだもの、または神経にぎりぎりであっても虫歯を除去する過程でどうしても神経の保存が不可能な場合があります。
これらは長期的に考えると神経を取る処置(抜髄)が一般的でした。
「痛みの除去が速やかに得られる」という利点がある反面、神経を取ったことによる歯の強度低下や根の病気の再発など、より深刻な状態に陥る可能性のあることをご存知でしたか? そこで注目されるのが虫歯を薬で治す方法です。
薬剤の効果により急速に進行する虫歯を抑制するとともに、菌に感染した病巣にも直接作用します。
これにより、外部からの刺激に非常に弱く一度感染すると取るのが第一選択とされてきた神経を残すことが可能となりました。
また、神経を残せることにより治療回数を減らせること、他に歯周病にも効果が得られるということも特筆できる点です。
しかし、薬剤は他科において一般的に使用されている抗菌剤ですが、現在、歯科における保険適用が受けられないという問題もありますので、治療の際はご相談ください。

根管治療

根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。
深い虫歯や歯の亀裂、歯への外傷によって歯髄が細菌に感染したり、損傷したり、歯髄死になることもあります。

そのまま放っておくと、歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。
治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、早期に歯科医に診てもらうことが重要です。

根管治療の流れ

image

【1】 深い虫歯によって、歯髄が細菌に感染した歯

image

【2】 虫歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます。

image

【3】 リーマーやファイルという器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します。

image

【4】 歯髄腔および根管を生物学的親和性を有する素材で充填します。

image

【5】 修復歯を支えるための金属製またはプラスチック製の支柱またはポスト(合釘)を根管に挿入します。

image

【6】 最後にセラミック製または金属製のクラウンで歯をかぶせて修復します。

治療後

むし歯菌と、みがき残しのよごれがあるかぎり、
ふたたび虫歯になる恐れもあります。

虫歯と歯周病の療法を予防するにも、しっかりとした歯磨きと定期的な検診が不可欠です。

予防歯科

予防歯科

image

歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ、」という考えです。
結果的に70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。
虫歯や歯周病、また、現在健康でもこの先問題が生じそうな部分、歯石およびコーヒー、お茶、 タバコ等による歯表面のチェックを行い必要に応じてその方に適したアドバイスを丁寧に指導してまいります。
今から予防歯科を始めましょう。

PMTC

充分な予防をすることで、虫歯や歯周病にならなければ痛い思いもせず、治療をする必要もありません。
虫歯や歯周病を治すことも大切ですが、虫歯や歯周病にならない口腔内環境をつくっていくこともとても重要です。 いくつになっても自分の歯で食事を楽しみたいと思えば、虫歯や歯周病に対する予防が必要不可欠になってきます。
当院では予防処置としてブラッシング指導、フッ素コーティング、シーラント、PMTCなどをおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

PMTCとは

プロフェッショナル メカニカル ティースクリーニング(Professional Mechanical Teeth Cleaning)

虫歯・歯槽膿漏を未然に防ぐ効果的な方法です。 毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの? と思っていませんか?

それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。
24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。
ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。
うまくプラークが取れない方は歯科医院のPMTCを受けてください。
歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。

  • PMTCとは
  • PMTCとは

歯石除去

超音波による歯石除去

image

大量についた歯石に振動を与えて一気に取り除きます。

プラークや着色の除去

image

歯ブラシだけでは落せなかった汚れを取り除きます。

手作業の器具による細かな部分の仕上

image

深いところや狭い部分についた歯石を手作業でていねいに取り除ききれいにします。

ページトップへ戻る